人気ブログランキング |
くみひも館の資料と京都の歴史
こんにちは♪

皆サマ G・ウィークはどの様にお過ごしですか?
先日 『V・For ヴェンデッタ』を観てきました。
『マトリックス』を制作したスタッフがこの作品を制作したと云う事で、
G・ウィークに上映される映画の中では注目度の高い作品ですね。
ファシズムの恐ろしさを改めて感じると共に、音楽のセレクトの仕方、使い方の
面白い映画でした。

組みひも館では、四月中頃より中学の修学旅行生が、沢山いらっしゃいます。
皆さん お好きな色のストラップ等を作られた後、資料館を見学して頂いております。
資料館の方では、組みひも界で唯一人間国宝になられた、
故深見重助氏が生前使われていた、組みひも台等が展示してあります。
その中でも、歴史上面白いエピソードがある 先代深見氏が使われていた、
組みひもの台がございます。
生徒さんには、組みひもの歴史と共に
その台にまつわるエピソードも紹介させて頂いております。
皆さん色々なリアクションをなさるのですが、
高校生になって歴史を習った時に、戊辰戦争の発端となった「鳥羽・伏見の戦い」の事が
出てきましたら、その台を思い出して頂ければ、嬉しいなと思っております(*^_^*)

安達組みひも館がある出水通りを西に行くと室町通りがあります。
室町時代、この近辺に幕府や花の御所 応仁の乱が勃発した地とされる、
石碑が建っておりますので、そんな所にも着眼されて、
京都を歩いてみては、いかがでしょうか・・・京都は歴史の街ですから・・・(^^♪

安達くみひも館でした♪
by adachikumihimo | 2006-04-30 14:12 | くみひも体験のetc
<< 季節が織り成す視覚と味覚・・・... くみひも体験と色の選びかた・・・ >>